カラオケオフ会

大学時代、友達に誘われて「カラオケオフ会」なるものに初めて参加しました。
SNSを通じてカラオケ好きの人が何十人と集まり、まさに老若男女、普通に生活しているだけでは絶対に関わることのないような人たちとも歌を通して友達になれたのがとても新鮮で嬉しかったのを覚えています。
それから2年くらいの間、毎月開催される定例のカラオケオフ会、また同じメンバーで集まりたい人が集まる小規模のカラオケ会など、最低でも週に1回、多い日は週に3回くらいカラオケに行っていました。

 

中でも定例の大規模カラオケでは、都内のカラオケボックスを何部屋も借り、自由に移動しながらフリータイムで昼から夜まで歌い、夕食をとって、また深夜から早朝までフリータイムで歌うという、ハードなスケジュールで、今思えばよく毎月行っていたなという感じです。
社会人になると、人間関係も変わり、あまり顔を出さなくなってしまいましたが、今でも当時の友人たちとは付き合いがあり、たまにカラオケに行ったりしています。
学生時代の一番の思い出です。